積年の思い 

毎年毎年、この頃になるとブロ友さん達が見に行かれているセツブンソウを1度でいい見てみたいというのが私の長年の夢でした。
セツブンソウは、準絶滅危惧種だそうで、近くは広島の庄原市まで行かなくてはなりませんでしたが、なんと近年近くの錦町でもみつから、目下最南、最西の自生地となったそうです。
ただ自生地は私有地とのことで、公開は3日間だけの応募制になっていました。
さっそく応募し、「当選」!っていう目出度い葉書が届いて、
昨日長年の思いを実現させに友達とセツブンソウ自生地見学ツアーに参加してきました。060.gif
b0066947_14233399.jpg

(気合と気持ちを込めて、コチコチ、ガラスフレームを作ってみました。)
が、なんと天気予報は、数日前からずっと雨。
予報ははずれるものと思っていたのに、完璧的中で、雨。しっかり雨。予報では小雨だったのに。(-"-)
錦町は朝雪だったそうで、案内人の方からは、「雪の中で咲いてる姿を見られるなんて、めったにないことです。」なんて言っていただき、たしかに雪の中から姿を見せてるというレアな画像になりました。
でも、やっぱり、晴れてピカ~~ンと上向いてる花がよかったな。
b0066947_14243824.jpg
b0066947_1426268.jpg
b0066947_142650100.jpg
錦川清流線は岩国から錦町まで走る第3セクターの単線列車で、岩国駅の0番ホームから出発です。
雨でなかったら、下を流れる錦川の緑色がとてもきれいだったと思います。
錦町駅に着いたら、参加者を駅前で地元世話役の方が出迎えて下さり、歓迎のご挨拶。(びっくりしたぞ。)
それから、黄色の小旗を持った案内役の方の説明を聴きながら、いざ、自生地へ。
セツブンソウは、思っていたよりずっと小さくてまだ5センチほどでした。
満開まではもう少し時間がかかりそうでした。
開花の時期を見極められるのも大変なんでしょうね。
ほんとに、可憐で、かわいくて。地元保存会の方々がどれだけ丹精こめられて世話されているのかっていうのが伝わりました。
せっかく来たんですから、たっぷりたっぷり撮影しました。コース、2順したのは、私達だけだったかな。
帰りは、地元の方々が準備されてたおでん(味がよくしんで、おまけのしし肉もgood)を食べたり(ぜんざい売り切れでした残念。)、名産のこんにゃく(手作りこんにゃく夕飯に刺身で食べました。good)買ったり、干しわらび(今晩いただきます。)買ったりして、時間はあっと言う間に過ぎました。
お雛様の展示もありました。
帰りの電車に乗った私達を、地元の世話係の方々がホームの端から端までずらっと並んで(ホームが途切れるまでほんとにズラズラズラ~といてくださったのです。恐縮です)、見送りいただき、私たちはずっと手をふりながら発車しました。
こんな光景何年ぶりだったかな。
b0066947_14265967.jpg

[PR]
by cookie-tea38 | 2012-02-14 17:20