掃除記

先週末から、東京の会社に勤めている息子Life君のことが気にかかり、時間とお金をかけて
はるばる千葉まで行ってきました。

「部屋、尋常じゃない状態だよ!」
「分かってる。それを尋常な状態にするために行くの!」


昨年1度だけ行ったアパートなんであらかじめネットと乗り継ぎ調べ、たしかこんな感じで歩いたなと、昨年の記憶をたどりたどり・・・・・・そうそう、公園があって、・・・・・公園の出口には、なんだかとっても変な銅像が立ってたはずだけど・・・・・・なんだったかなあ、
 ( ̄ー ̄?).....???  

ありました!!頭が7,3分けのサラリーマン風の男性が、下半身までリアルにオールヌードでスコップ持って立ってる意味不明の銅像。・・・・・間違いない、道は合ってる。

約束通りに鍵を手に入れていざ、息子の部屋へ。
何を見たって驚きませんよ、だって、聞いてるんですからね。
 フー ( ̄‥ ̄) = =3

 ・・・・・・( ̄д ̄)・・・・・

ペットボトルの山を見たって、弁当カスの山を見たって、ジュースのパックの山だって平気ですよ。
散らばった書類、本、CD、洋服の山、山、山もヘイッチャラ。
これでもかって位に散乱するクリーニング屋のハンガー、ビニールも物ともせず。
家から送った宅配荷物の空き箱群とも、楽しく再会。(また、会えたね、ニコッ!)
万年床の横に、どう見たって寝ころんでやるとしか思えない状態で3台並べられたパソコン君達。(ご苦労さん)
僅かに覗いているフローリングは、ギュッと凝縮された埃と髪の毛じゅうたん。(よくここまで固まったね、すごいぞ、ゴミリン!)
居住空間はもしかしたら布団の上だけかも。

ということを、瞬時に見てとり、掃除後に比較するために携帯で散らかった状態を撮影し、持ってきたジャージに着替えると、途中のコンビニで買ってきた指定ゴミ袋を2種類かかえ、さあ、始めるぞ~~
ガンバ━━━o(・`ω´・)○))━━━ ル!!!


強~~~い母は愚痴りません、嘆きません、愚痴り嘆く時間が惜しいです。
物も言わずに、・・・・・勿論、一人なんで物を言ってる方が恐ろしいのですが・・・・・・ゴミを仕分けしながら、ひたすら袋に詰める、詰める、ひたすら詰める。
少し床が見えたら、ティッシュで埃を寄せ集めて、捨てる。
 ε~( ̄、 ̄;)ゞフー

「ここだけは開けないで」
と、紙が張り付けられたクローゼットも、
「息子よ、せっかく気を使って書いてくれてるのに悪いが、無理。
ゴミの山があって、頼まれたって近づくこと不可能、ドアが引けない。」
片づければ片づけれるほど、今度はゴミ袋が山積みとなり、別の意味での圧迫感。

部屋の目途が立ってきたころ、さて今晩の入浴の為にと浴室が扉を開けて
      
 (/=`◇´)/≪ギャォオオオオオオオオオオオオオオオ!!

殺人現場かと思いました。
あまりに大量の髪の毛を見て。ああ、死体なくてよかった。

しかし、くじけない、くじけない、前進あるのみ。
もくもくと、けなげに、着々と片づけ、息子が帰ってくるころには、どうにか私の布団を敷ける程のスペースが出来ました。

出張帰りの息子に家から作って持ってきたコロッケとカレーを食べさせようと思うのですが、
この部屋には、           
              ・・・・・・・テーブルが、             
                               ・・・・・・・ない。


          (   ̄ ̄ ̄ ̄  ▽   ̄ ̄ ̄ ̄   ) 。 o 0 ○ 

床に置いて、食べる。
 ( ̄▽ ̄;) 

あったな、昔、こんな光景。そうそう、遠足、運動会、シートを敷いてお弁当広げて食べたっけ。
楽しかった、あの頃!
と、感慨に浸ってる暇はない。

・・・・・・なぜに、部屋の中でそんな光景が???(-"-;) 

その後、息子と二人して両脇に袋をかかえて、何度も部屋とゴミ置き場を往復しました。
b0066947_20215496.gif

あくる日、
ささやかに息子のおごりで昼食に出かけました。
本屋さんにもより、ついついあれもこれもとレジで買ってしまい、
雑誌売り場にいる息子の元に駆けもどり
「わたしねえ、いつもお金払う時、レジの人と勝負してるんだ!」
と言ったら、隣の息子が 

ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ 

と、ビビりまくりです。
???と、振り返ったら、全く知らない若者が立ってるじゃないですか、そんなにびっくりしなくても、こっちんがびっくりですよ。
反対方向向くと、息子が大慌てでやってきてました。
「手遅れじゃった。似てる所、シャツの黒い色だけじゃん」
「どうしよう、今、・・・・・・・って、言ったんだ。」
「気の毒に、今の人悩んでるよ、どんな勝負してるんだろうって」

・・・・かもねえ。
b0066947_2027285.gif

そのまたあくる日、最後の片づけとゴミ出し、店から届いたコタツなどを組み立てて、部屋は見違えるようになりました。

ヽ(▽ `)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ


お見せしたいところですが、ショボイ部屋なので省略します。
「ミッション終了。母は帰ります。」
b0066947_20344532.gif


その晩、部屋に帰った息子からメールが届きました。
「ありがとう。
部屋に帰り、ゴミから目をそむけなくてすむなんて。
今、テーブルの上でカレーを食べています。」

あの部屋でゴミから目をそむけて見るところが、どこかあっただろうか。(; ̄ー ̄)...ン?
テーブルに上にのってるのは、カレーだろうか、それともLife君だろうか。(; ̄ー ̄)...ン?

返事メール:「テーブルの上には、Life君もカレーものっています。」
|||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||

ともかく、もう、あまり、散らかさないで。





b0066947_20523197.jpg
近くの公園にいる猫。
なんでも、小さな切り株(寄りかかっているのは、木の切り株なんです。)の上にいつものってる猫っていうのでテレビ出演もした猫らしいです。
b0066947_20593333.jpg

帰りの新幹線までの僅かの時間、友達のQueenさんと、昼ご飯を食べました。
始めていく丸ビルです。
Queenさんのご主人がお勧めのハヤシライスが美味しいという店「満天」。
を、無視し、その隣のアジアンダイニング「Papaya Leaf」に入りました。
やはり、女は自分で作れない料理が食べたいですよね。
「大人のお子様ランチ」です。
美味しかったです。
[PR]
by cookie-tea38 | 2009-10-22 19:19 | お出掛け